強壮剤と強精剤の違いは?ペニス増大にはどっちが効果的?

強壮剤や強精剤のそれぞれの効果について

追記
ペニトリンmaxは2018年にリニューアルし、商品名がペニトリンmaxからペニブーストへと生まれ変わりました。
現在では配合成分などもさらにパワーアップしており、さらなる人気を集めています。

 

 

強壮剤強精剤とは一体どのような働きがあるのか。

 

似たようなものという印象もあるかもしれませんが、実際にはそれぞれにちゃんと役割があります。

 

 

強壮剤と強精剤の違い

 

 

なのでそれぞれの効果を把握し、用途に合わせて飲んでいくようにするのが良いです。

 

 

強壮剤や強精剤にはそれぞれ異なる効果がある

 

精力というのは年齢を重ねる毎にどうしても衰えてしまうものです。

 

そこで強壮剤や強精剤といった、精力の向上に関するものを皆さんは検討しているのではないでしょうか。

 

 

ただこれらには違いがあるので、私がそれを調べてきました。

 

 

強精剤

 

強精剤とは男性ホルモンを直接摂取するものです。

 

男性ホルモンは精力の源であり、これは勃起力にも関係しています。

 

ただサプリ等よりは即効性があるので、それに伴った副作用が起こる可能性があります。

 

なので個人の判断では服用せず、医師へ相談するのが良いです。

 

強壮剤

 

こちらは主に新陳代謝の活発化を促すものです。

 

代謝が活発になる事で血行が促進されたり、疲労回復といった効果があります。

 

要はは体力の向上をするものと考えると良いです。

 

しかしこれには強精剤程の即効性はありません。

 

 

強壮剤や強精剤の売ってる場所って?

 

さすがにコンビニ等で売っているというわけではありませんが、薬局でなら取り扱いはしています。

 

 

強壮剤と強精剤の違い

 

 

もちろんネットでの通販もあるのですが、こうしたものはネットで買うのはお勧めしません。

 

というのも副作用が起こる可能性も否定出来ないので、やはり医師へ相談するのが良いからです。

 

 

もしくはドラッグストアの店員さん(薬剤師)に相談してから購入するのをお勧めします。

 

 

精力アップならサプリという選択肢もある

 

もし身体に負担をかけず、自然に精力の向上を促したいならサプリという選択肢もあります。

 

サプリ自体は健康食品扱いで即効性はないですが、身体にゆったりとした作用をしてくれます。

 

 

その為飲用量を守ってさえいれば副作用を起こす可能性はほとんどありません。

 

ちなみに私はサプリを飲んでいますが、精力の向上や維持にとても役立っていると実感しています。

 

 

 

ただ私の場合1番の目的は精力の向上ではなく、ペニスの増大が目的でしたが・・・

 

といえば、強壮剤や強精剤には精力や体力の向上といった作用がありますが、ペニスの増大という効果はありません。

 

 

なのでもしペニスの増大も視野に入れている方がいらっしゃるなら、強壮剤や強精剤よりはペニス増大サプリを飲むのをお勧めします。

 

ペニスの増大の過程で、精力の向上やその維持が出来るので一石二鳥というわけです。

 

 

強壮剤や強精剤の違いについてのまとめ

 

強壮剤や強精剤は一見同じような効果があると思われがちですが、実際には異なる効果があるものです。

 

なのでしっかりと用途に合わせて飲むべきものですが、副作用も伴う可能性があるという事は覚えておいてください。

 

 

こうした理由から、もし強壮剤や強精剤を服用するなら医師等への相談をするようにしましょう。

 

 

  • 強壮剤や強精剤はそれぞれ効果は異なる。
  • 強精剤は男性ホルモンを直接摂取するもので、精力の向上を促せる。
  • 強壮剤は新陳代謝を向上させ、それに伴い体力の向上と維持をする。
  • 強壮剤や強精剤にはペニスの増大効果はない。

 

 

私はペニブーストというサプリを飲んでいて、増大効果や精力の向上に維持といった効果を実際に体験しました。

 

それに意外と安価でお手軽に買える、そのうえ誰にも知られる事なく気軽に始められるものです。

 

 

それらに関する事は別記事にまとめてあるので、ペニスの増大も考えているという方は参考にしてください。

 

私が飲んでいるサプリは口コミ等も多く、人気の高いサプリとなっているので皆さんにもお勧めです。

 

 

ペニブーストの口コミはこちら

 

ペニブーストの本当は怖い副作用|被害者調査の結果・・・

 

ペニブーストの正しい飲み方|最大限にアプローチして増大

 

ペニブーストに含まれている亜鉛が期待出来る効果や含有量は